FTR223ブレーキキャリパーオーバーホール

FTR223

今回はエンジンのオーバーホール編に続きフロントブレーキキャリパーのオーバーホール手順を紹介します。

記事本文に登場する部品の名前はHONDA出版のFTR223パーツリストに記載されているものと統一してあります。

0.下準備

キャリパーの解体に必要な材料と工具を紹介します。

  • ウエス
  • ホース
  • 廃油受け
  • ブレーキパーツクリーナー
  • プラスドライバー
  • マイナスドライバー
  • 12mmラチェットレンチ(メガネレンチ)
  • 8mmスパナ
  • 六角レンチ
  • ラジオペンチ
  • ピストンプライヤー

1.キャリパーの取外し

1-1 ブレーキフルードの抜取り

①キャップ,ブリーダー

まずはブレーキフルードを抜取ります。①キャップを外すと②ブリーダーが顔を出しますので適当なホースを接続して②ブリーダーを緩めます。その後ブレーキレバーを握りブレーキフルードが出てこなくなるまでブレーキフルードを出し切ります。

②スクリュー,ブリーダー

廃油受けは350mlのペットボトルで充分です。

1-2 キャリパーの取外し

①ボルト,オイル10×22 ②ボルト,フランジ8×35 ③プラグ,ピン

取付のボルト類を外します。まずブレーキホースを外すために①バンジョーボルトを外します。ホースやキャリパーに残ったブレーキフルードが垂れてきますので周囲に付着したフルードは速やかにクリーナーで除去します。フルードは塗装を侵食しますので手早く除去しましょう。

④ピン,ハンガー

これで②取付ボルトを外せばキャリパーが車両から外せます。しかしこの後の作業を考えて②取付ボルトを抜取る前に③プラグを外して中の④ピンも緩めてしまいましょう。キャリパー単体より作業がずっと楽になります。

2.キャリパーの分解

2-1 ブレーキパッドの取外し

①ブラケットサブASSY,Lフロント  ②リテーナー

キャリパーボディから①ブラケットを外します。手で引き抜くだけですが②リテーナーが一緒に外れてきます。取り付いていた向きをしっかり覚えておきましょう。

③ピン,ハンガー

キャリパーを車両から下ろしたら③ピンを抜取ります。前の工程で緩めておいたので抜き取るだけです。③ピンが抜けると④パッドが外れます。

④パッドセット,フロント

清掃の邪魔になるので⑤スプリングも外してしまいます。

⑤スプリング,パッド

2-2 ピストンの取外し

①ブレーキピストンロッキングプライヤー②ピストン27×31

①ブレーキピストンロッキングプライヤーを使って②ピストンを抜取ります。

ピストンが取れました。経年のせいかかなり硬いです。もう一対のピストンも同様に抜取ります。

2-3 ゴム部品の取外し

①ブーツ,ピンブッシュ  ②ブーツB

①②ゴムブーツを外します。ラジオペンチで引っ張ると簡単に抜けます。

2-4 オイルシールの取外し

①シールセット,ピストン

①オイルシールを取外します。

2-5 ダストシールの取外し

①シールセット,ピストン

①ダストシールを取外します。

4.清掃

シールセットが取付いていた溝を入念にキャリパーボディ全体の清掃をします。

右側がビフォー、左側がアフターです。清掃の効果がハッキリ見て取れます。

ついでにボディ全体を清掃しました。

5.キャリパーの組立

5-1 キャリパーボディの組立

①オイルシール    ②ダストシール

新品の①シールセット(オイルシール)と②シールセット(ダストシール)を溝にはめ込みます。

①ピストン27×31

①ピストンを挿入します。

①ブーツ,ピンブッシュ

①ゴムブーツを取り付けます。グリスを塗ってドライバーです押し込むと簡単です。

②ブーツB

こちらは手で挿入します。

①スクリュー,ブリーダー ②キャップ,ブリーダー

①ブリーダーと②ゴムキャップを取り付けます。

①スプリング,パッド

①スプリングを取り付ければボディ側の組み立ては完了です。

5-2 キャリパーブラケットの組み立て

①ブラケットサブASSY.,Lフロントキャリパー       ②リテーナー

①ブラケットに②リテーナーを取り付けます。

5-3 キャリパーの組立

①ピン,ハンガー ②パッドセット,フロント

①ピンを②パッドの穴に通して取り付けます。

裏側から見るとこんな感じです。

ゴムブーツにグリスを塗布します。

5-1で組み上げたボディに5-2で組み上げたブラケットを取り付けます。

6.キャリパーの取付け

6-1 キャリパーの取付け

取外しの逆手順でキャリパーを組立てていきます。①ボルトでフロントフォークにキャリパーを取付けます

6-2 ブレーキホースの取付け

①ボルト,オイル10×22 ②ワッシャー,オイルボルト ③ホースCOMP,フロントブレーキ

①ボルトを②ワッシャー2枚と③バンジョーに通し締め付けます。

6-3 ブレーキフルードの補充とエア抜き

①スクリュー,ブリーダー

①ブリーダーにホースを接続してブレーキホース内のエア抜きをします。

ブレーキの効き具合を確認したらブレーキキャリパーのオーバーホール作業は完了です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました